適応症

 WHO(世界保健機関)では、神経系、運動器系、循環器系、消化器系、呼吸器系、婦人科系、内分泌系耳鼻咽喉科系など様々な疾患が鍼灸の適応症とされていますが、鍼灸師によって得意とする疾患はそれぞれあると思います。私が治療できるのは主に以下のような疾患になります。

慢性腰痛・坐骨神経痛・大腿神経痛・ぎっくり腰

股関節痛・膝痛・腱鞘炎

寝違え・首肩の痛み五十肩

筋緊張性頭痛・片頭痛・顎関節症

自律神経失調症・冷え性    

・テニス肘・捻挫・オスグット・シンスプリント   など

主に血行障害による疾患が対象になります。

対象年齢 中学生~70代くらいまで